couple hugging

lineの利用方法

sexy girl

lineの利用方法を説明します。

まずはスマホやiPhoneでlineのアプリをインストールしましょう。
初めての利用であるのなら、アプリの初回起動時に新規登録を促す場面が出てきます。
プッシュ通知の送信許可を求めてきます。この通知は自分宛てにメッセージなどが届いた時に通知してくれる機能です。
設定画面からも後でこの機能を設定する事ができるので、この時点で必ずしも許可をしなくても大丈夫です。

登録時に携帯電話の番号かfacebookのアカウント入力をしなければならいません。
個人情報になりますが、登録必須には理由があります。不当な利用を防ぐためです。Lineアプリ利用規約には、不正利用防止のため本人が利用しなければならないとあります。
そして、登録した電話番号のアドレス帳から同じくlineユーザーを検出するためです。

電話番号入力が完了すると、番号認証に進みます。そして利用規約に目を通したのであれば同意を選択します。
そうすると認証番号がSMSで送られてきます。その番号をアプリに入力すれば友だちの設定になります。
友だち設定をオンにする事によって、アドレス帳にあるlineユーザーが自動的に友だちに追加されるのです。
もし安全面などの理由で、自動的に追加されるのが不安であるのならオフにすれば大丈夫です。

設定が完了したら、あとはlineでの名前やアイコンを設定すれば利用の準備は完了です。

普及しているline

moody girl

出会い系を使おうと考えているならここをチェックしましょう!参考になる情報がたくさんありますよ!

人との繋がりのツールで有名なのは、Twitter・Skype・lineなどが代表的です。
特にlineは比較的最近に開発されたアプリにもかかわらず、スマホ・iPhoneユーザーなら利用している方がほとんどと言っていいほど普及しています。
親しい友だちとの連絡ツールとして、または掲示板などを通して知り合った方々とコミュニケーションをとるためにアプリを利用する事ができます。

line最大の特徴は,無料通話が利用可能である点と、そしてチャットツールによってリアルタイムでコミュニケーションが可能な点です。
専用アプリをインストールしている端末で、lineに登録(IDを取得)していればサービスを利用する事ができます。
インストールさえしていれば、端末のキャリアが違う同士でも無料で通話やメッセージのやり取りができるのでとても便利です。

lineは端末の電話帳のデータから、同じくアプリをインストールしており登録済みの人と自動的に繋がる事ができます。
なのでわざわざ親しい人々にIDを教えまわる必要がないので、すぐにコミュニケーションが取れるのです。

そして今はline掲示板という物があります。これは掲示板に自分が取得したID名を載せる事によって、不特定多数のユーザーと繋がる事ができるのです。
同じ趣味や同年代の人とコミュニケーションをしてみたいのなら、掲示板を活用するといいでしょう。

lineの楽しい所

nude girl

lineを利用している上で、チャット形式によるメッセージ機能は欠かせません。
とても通話をする様な時間でない時や、電車やバスなど通話が不可能な場所にいてもチャットによって会話する事が可能です。
そして掲示板などで知り合った方々といきなり通話は気が引けるのであれば、このチャットを利用して会話をする方法もあります。

文字や顔文字はキャリア関係なく使用ができます。そして会話する上で、自分の微妙な感情を表すlineの代表的なツールがあります。
それはスタンプという機能です。絵文字よりは大きい画像になります。それを送る事ができるのです。
アプリを落とすとそのスタンプが何種類か使用することが可能です。初回から入っていて使用可能のスタンプは、lineの公式キャラクターの物になります。
可愛らしい物から、表現が喜怒哀楽に富んでいる物まで様々ありますので、自分の表現に合わせて使用するとコミュニケーションは捗るでしょう。

このスタンプは、line関連のその他アプリをダウンロードする事によって追加されたりします。
そして企業などの公式IDと友だち関係になると、その企業のスタンプが追加されたりと様々な方法でスタンプを集める事が可能です。
そして有料スタンプもあり、人気アニメや漫画のキャラのスタンプを購入し使用する事ができるのです。

スタンプツールなども利用して、コミュニケーションをどんどん楽しみましょう。

lineの誕生

attractive girl

そもそも、何故こんなにまでlineが普及したのかには理由があります。

元々サービスを運営している「NHN Japan」は親会社は韓国の企業です。様々なインターネットサービスを企画運営しています。
そんなNHN Japanがline運営を開始したのは、2011年の東日本大震災がきっかけでした。
地震と津波によって混乱に陥った通信網、各電話会社の通信は不安定になり、人々と連絡をとるのが一時的に難しくなってしまいました。
その際に、唯一そういった通信被害がなかったのはTwitterを始めとしたソーシャルネットワーク(SNS)でした。
SNSによって連絡を取り合い安否の確認をしたりなど、SNSは大いに活躍をしました。

その影響を受け誕生したのがlineです。NHN Japanが企画運営をしている為、日本生まれのSNSになります。
日本は災害を体験した事により、SNSを利用する割合が増えました。
lineは中高生を中心に人気が出ました、そして今では世界規模で広がり続けています。
利用ユーザーの割合は、Twitter・facebookなどを上回るほどです。